A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

口腔ケア、水分摂取をしっかり行うこと。自助の視点を持つ。

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

f:id:Rehealth:20200426102916j:plain

水分管理していますでしょうか。

rehealth.hatenablog.com


rehealth.hatenablog.com


水分摂取せず、口腔ケアもしっかり行っていないとどうなるか。

肺炎のリスクが上がります。

高齢者の死因で増えているのが肺炎です。

口呼吸が習慣だと口腔内が乾燥しがちです。

乾燥した口腔内は細菌が増殖します。

排痰もしっかり行えなくなります。(乾燥してこびりつくから)


上記の予防策として

・鼻呼吸を意識する
・口腔内をこまめに濯ぐ(口腔内を潤す役割もある)
・水分摂取をこまめに行う(1日1.5Lを目標に。難しい場合は1Lから)
・歯磨きは毎食後行う

これを意識して行うことで予防になります。

また、肺炎の疑いと同時に脱水も注意が必要です。

※診断は医師が行います。

rehealth.hatenablog.com

防衛体力への視点を持つことが予防策につながります。

また、防衛体力の低下が起こると認知機能面の低下が見られることが多いと感じます。

それはそうですよね。高熱が出たら判断力低下しますから。

口腔ケア、水分摂取は簡単そうですが継続が難しいです。

何かいつもと違うと感じたら水分摂取量が足りていないのかもしれません。


最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)