A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

ウォーキング療法士が指導するとどうなるか?(パーソナルトレーニング)

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

f:id:Rehealth:20201122063820j:plain

ウォーキング療法士として指導させていただくことが増えてきました。

市町村で開催される介護予防事業に個別対応依頼がありました。

今回はパーソナルトレーニングです。

時間は1時間。

対象者は脊柱管狭窄症の既往がありました。

要介護認定は受けていないのですが歩行が不安定であり転倒リスクが高いのではないかと保健師さんからお聞きしていました。

状態を確認させていただきパーソナルトレーニングを実施しました。

動画でのBeforeAfterです。

ウォーキング療法士のパーソナルトレーニングによる歩行変化 (ウォーキング療法士の力)


姿勢、バランス、速度に変化があり、対象者も実感されていました。

主催、対象者共に満足度が高い結果となり嬉しく思います。


最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)