A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

また猪がかかる気配がする。

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

猟期中にどれだけの鳥獣が捕獲できるでしょうか。

rehealth.hatenablog.com

まだ猪しか捕獲できていません。

が、周囲では鹿しか捕獲できていないようです。

そのため私に期待が集中しています。

日々精進しています。

平日の罠の見回りは地元の猟師さんが行なってくれているのですが自分で確認した際に
f:id:Rehealth:20210221215415j:plain

すでにはこ罠に前足が入っている様子です。

これはもうすぐかかる兆候です。
rehealth.hatenablog.com

はこ罠の前は
f:id:Rehealth:20210221215637j:plain

足跡が残っています。

足跡から個体は30〜40kgが予測されます。

いつかかるかは分かりませんが1週間ペースで捕獲できているのでもうすぐだと考えています。

リハビリをしながらの狩猟は大変ではありますが新しい学びが多いです。


最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)