A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

猪の解体は1人では難しいと思った。数をこなさなければならない。

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

初めての猪です。
rehealth.hatenablog.com

この後は解体ですが架設している地区の狩猟者の協力のもと解体を行いました。
f:id:Rehealth:20210213220346j:plain

f:id:Rehealth:20210213220245j:plain

いきなり解体の写真ですがこの前に皮剥ぎの工程があります。

この皮剥ぎの工程は難しくて写真を撮る余裕はありませんでした。

rehealth.hatenablog.com

止め刺しに使用したナイフ1本のみ所持していましたがこのナイフでは皮剥ぎがうまく行えませんでした。

私の腕はレベル10中のレベル1だそうで。。。

ダメ出しも多々ありました。

やはり専用のナイフが必要なのでしょうか。

必要と言われましたが。

負けじと使えそうなナイフを探しました。

クラフトナイフですが

皮剥ぎの時に使用していたナイフを見ると

先の尖った刃で削ぎ取るように剥いでいました。

この刃の形は皮剥ぎで使用していたものと同じ形です。

道具を変えても技術が伴わなければ意味がありません。

練習あるのみです。

しかし解体は疲れますね。。。

f:id:Rehealth:20210213222737j:plain

次の解体はいつになるやら。。。

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)