A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

その手すり本当に必要ですか???

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

セラピストをしていると、住宅に手すりを設置したいと相談があります。

 

本人、家族、ケアマネージャーからです。

 

手すりを設置して歩けない方が歩けるようになることは良いと思いますが

 

歩ける人が転倒を恐れるあまり手すりを設置するのは疑問です。

 

rehealth.hatenablog.com

 

退院すると住宅に手すりを設置するケースがほとんどですが、訪問するとあまりにも使用していない手すりが多いと感じています。

 

手すりがあると安心でしょうか?

 

不安の原因は手すりの有無ではないと思います。

 

現状でどれだけの生活動作が行えるかを判断、理解することが大切です。

 

そして予後予測も重要になります。

 

rehealth.hatenablog.com

 

転倒は皆無ではありません。

 

自立の妨げとなる手すりにならないよう気をつけましょう。

 

 

 

 

福祉用具、住環境の調整、設定でお役に立てるかもしれません。

forms.gle

 

rehealth.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)