A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

農作業で認知症改善

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

YouTubeチャンネル登録していただけると喜びます(^ ^)

農作業は認知症改善に寄与します。
rehealth.hatenablog.comrehealth.hatenablog.com


今回のケースは

アルツハイマー認知症で重度の方です。
身体機能に大きな問題は無く歩行は自立しています。

初回
MMSE:1/30
HDSーR:0/30

帰宅願望強く、意思疎通困難。
不穏状況になると足の痛みが出現。(歩行は可能)


農作業にて水やり、草取り、間引き作業を行いました。


見当識、記憶は重度の障害あるものの繰り返しの作業経験で

どこにいくのか、いつ作業をやったのかが会話で出現するようになりました。


3ヶ月後
MMSE:4/30
HDS-R:2/30

改善項目
即時記憶、短期記憶


帰宅願望はあるものの切り替えが早くできるようになりました。
一番は本人が意欲的に楽しんで農作業に参加されることです。
新しい記憶は保持することは難しいですが繰り返しの作業経験は保持される傾向にあることがわかりました。

認知症が重度だとしても改善します😊



お役に立てることがあるかもしれません😊
何かありましたらお気軽にお問い合わせください😊

forms.gle


最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
読者様の健康観向上のために読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!