A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

スクラップ&ビルド

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

f:id:Rehealth:20200514190258j:plain

現代の住宅はスクラップ&ビルド前提になっていませんか?

その文化は日本の住宅の未来を潰すのではないでしょうか。

住宅を購入した日から価値が下がっていく。

外国では

住宅の価値が上がっている。

持ち主は価値を上げるために自分で手入れをしている。

次世代に引き継がれる。

日本では

価値は上がらず下がる。

新築の住宅はどんどん作られる。

約30年で建て替え。

 

私は去年まで新築を建てようと土地を購入契約までしましたが止めました。

自分の無知もありました。

本当に新築が必要か

どのような家が長持ちするのか

どうしたら住宅の機能が上がるのか

身体に良い家とは

悩み悩んだ結果で今では良かったと思っています。

 

今年はコロナにより考えることが多くなりました。生きかた、働きかたについてです。

何のために働くのか、生きるのか。

よく考えて前に進んでいきたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

よろしければ読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!