A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

認知症と農作業

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

私の畑が気になっております😅

早く全体を耕したいものです。

が身体のダメージが大きい。。。

農家を営まれている方、本当に尊敬します。



日頃リハビリを行っているのですが

これまでの経験から

農家の方は長生きで認知症になりにくい感じがします。

認知症になり難い生活、生き方なんでしょうかね。

自然を相手にしていると何か見えてくるような

ヒントが得られそうな気がしてなりません。

簡単に言うと生活習慣が規則正しいのだと思いますが

何か魂的なものを感じます。


今日の結論は

認知症に悩むなら農作業をしましょう!

ご家族の方で認知症に悩まれているなら農作業を一緒にやってみてください。

日頃と違う反応、変化に気づくことができます。

出来ないことに目を向けるのではく

出来ることを見つけてあげてください。

出来ることが増えてくると思います😊

認知症は改善します。



最後までご覧いただきありがとうございます(^^)
よろしければ読者登録お願いします(^^)

Twitterフォローもぜひ!