A view of health for all 〜「まち」「ひと」「もの」に健康観を

Refarm農園の主。作業療法士が日々意識している日常。 「まち」「ひと」「もの」の健康観について。生きるため、糧持ちになりたい人のかかりつけの存在を目指す。

猟場と課題

本日もblogをご覧いただきありがとうございます(^^)

 

 

f:id:Rehealth:20200603221054j:plain

 

以前、猪に遭遇したことのある山です。

 

とにかく実行のため狩猟免許もまだとっていないのに猟場を探す私です。。。

 

罠猟の免許を取得しようと思っていたのですが

 

私の居住地はくくり罠設置制限があるとのことで

 

どうすれば許可されるのか電話して確認しました。

 

・管轄地区猟友会の許可がいる

・止め刺しは猟銃で行う

 

この2点です。

 

簡単に言えば猟銃を持っていれば問題ありません。

 

私は猟銃を所持するまでは考えていませんでした。

 

くくり罠で捕獲し止め刺しも刃物で行うつもりでいました。

 

 

 

 

自身のくくり罠で捕獲後、止め差しは猟友会に依頼する形になりそうです。

 

地区によってはくくり罠自体も使えないそうです。

 

止め刺しは猟銃で行うのが1番安全とのことで。。。

 

事故でもあったのでしょうかね。。。

 

猟銃所持しなきゃ狩猟はできない状況。。。

 

自由にいかない現状ですが下手すれば自分が死にますからね。

 

また、時間がある時に足を運んで詳細を聞いてみたいと思います😊

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

よろしければ読者登録お願いします(^^)